1. >
  2. >
  3. クラウドとセキュリティ
クラウド

クラウドとセキュリティ


クラウドサービスの便利さと不安

個人だけでなく、企業でも活用されることが多いクラウドサービス。
クラウドサービスとは、インターネットを上手に活用することでデータなどの情報を別のサーバー上へ保存することができます。
従来は近くにあるハードディスクなどに保管をしていましたが、クラウドサービスを活用することで安全な場所にあるサーバーへ簡単に保存しておくことができます。
日本は災害に強い国だと言われていますが、再び東日本大震災クラスの大災害が発生した場合には、国の存亡に関わるほどの大打撃を受けると予想されます。
やはり、会社の大事なデータが失われると、なかなか業務を再開できない事態になりかねません。

しかし、クラウドサービスにデータなどを保管しておけば、万が一の時にもすぐに大事なデータを取り出すことができます。
保存先を知っている人と一緒に、データを共有することもできます。
非常に便利なサービスなので利用している方も多いですが、セキュリティ面の問題点も指摘されています。

クラウドサービスを利用するときにチェックしたいセキュリティのポイント

サービスが突然終了する可能性

クラウドサービスを提供している会社の多くは、現在のところ業績が良いと考えられますが、いつまでも安定しているとは限りません。
当然ながら、クラウドサービスを提供するためにかかる費用は無料でないため、広告収入や格安な利用料金などのバランスを考慮しながら、便利なサービスを提供してくれています。

しかし、業績が悪化するとクラウドサービスを提供することも難しくなる可能性があり、時にはある日突然、クラウドサービス提供終了のお知らせが届くことがあるかもしれません。
便利なサービスは突拍子もなく、サービス提供が終わることのアナウンスをする場合が多く、時には急激な利用者数増加に伴い、サーバーがダウンして使い物にならない場合もあります。

このように、サービスは無限に続くものではないため、ひょっとしたら預けていたデータを紛失されるケースもあります。
更にセキュリティ上の問題ですが、クラウドサービスから大事なデータが盗まれるリスクも考えられます。
全てのデータをクラウドサービスだけに預けてしまうのは、正直なところ危険が多いので、そのリスクをカバーする対抗策を考えておきましょう。

管理者権限アクセスができるサービスを利用する

クラウドサービスを利用する際には、バックアップのバックアップというつもりでデータを預けた方が良いかもしれません。
何らかの原因でクラウドサービスのデータが無くなる事態も想定できるため、しっかりと手元にもバックアップを確保しておきましょう。

また、第三者が閲覧できないように管理者権限をつけて、情報漏洩を防止できる契約書管理システムがあります。
クラウドサービス|契約書管理システム「Ofigo契約書管理」

社内情報を管理する際には、こうしたサービスを利用して、アクセスログを管理して不正なアクセスがないか確認したり、もしもの時に備えてデータを管理することが大切です。