1. >
  2. >
  3. 「SSL」とは
セキュリティ

「SSL」とは


大事な情報を秘密にする技術

ネットを利用して情報をやり取りする場合に、誰かに情報が漏れてしまうのではないかと不安に感じた経験はありますか?
実は、インターネット上で通信されている情報については、ある程度知識がある方は盗み見をしようと思えば可能であることをご存じでしょうか?
他愛もないような世間話なら盗み聞きされても良いかもしれませんが、かなりデリケートな個人情報を盗み聞きされてしまうのは勘弁してもらいたいものです。
そこで、大事な情報を盗み見されないようにするために、情報を暗号化して通信する技術をSSLと呼んでいます。

参考:SSLのまとめ

SSLについて

インターネットを閲覧するためにはブラウザを使用します。
IEやchrome、Firefoxなどのブラウザをお好みに合わせて活用されていると思います。
インターネットで検索をするなどをして好きなサイトを表示させると、ブラウザの上を確認するとURLが表示されます。
一般的なサイトは「http://」で始まっていると思いますが、中には「https://」と「s」が増えている場合があります。
よく確認してみると、鍵のアイコンが表示されていることもわかるはずです。
実は、このURLがSSLの技術を採用していることの証です。
SSLの暗号化技術によって、安全にデータの送受信が行われることを示しています。
安全にデータのやり取りをした方が良いと考えているサイトは、積極的にSSL技術を採用しています。

SSLの活用事例

インターネットユーザーが不安を感じることなく使ってもらうためには、安全性の高いサイトを構築するのが大事な仕事です。
特に高い安全性が求められるのは、ネットショップです。
ネットショップでは購入手続きで必ず支払い方法を選択してお届け先を指定することになります。
購入代金を代引きで支払う場合は特に問題ないかもしれませんが、セキュリティ上不安に感じるのがクレジットカードで支払い手続きを行った場合です。
クレジットカードの番号や暗証番号などを悪意のある人に盗み見されると、勝手に人のクレジットカード番号などを利用して商品を購入される可能性が高くなります。
そのため、しっかりと個人情報を守ることができるSSL技術を採用するネットショップは信頼性が高くなるため、売れ行きも好調になる可能性があります。

SSLを採用しているサイトを通じてやり取りされる情報については、セキュリティ面を考慮しているため解読はほぼ不可能だと言われていますが、今後はSSL技術が破られる可能性も完全にゼロとは言い切れません。
100%大丈夫だと過信するのではなく、大事な情報を取り扱っていることを自覚してセキュリティに対する意識を高めておくことが大事な予防策になります。